2016年12月28日水曜日

【万屋】 2016年もあと少し・・・


こんにちは!万屋です☆

もうすぐ2016年も終わっちゃいますね(>_<)
皆さんにとってこの一年間はどうでしたか?

私は、我慢と忍耐の年になりました。
昨年同様、怪我からのスタート。

少し私の怪我について話させてください。

前十字靭帯損傷(断裂)という膝の怪我を高校3年生の時に初めてしました。
どうしても時間がかかってしまう怪我なのでやりたくてもできない
もどかしさを感じることが多かったです。

左膝2回、右膝1回と高校3年生の時をきっかけに2年間で3回怪我をし、3回手術しました。
私はこの2年間で今までサッカーをしてきた中でどん底に落ちた気がしました。

初めて手術をし麻酔から目が覚めたとき、今まで感じたことのない激痛に驚き、
同時に「私の足は大丈夫なんだろうか?」と大きな不安が襲いました。
パンパンに腫れ、少し曲がったままの膝は伸びない、曲がらない、歩けない、動かそうとしても強い痛みで、まったく足として機能しない状態からのスタートでした。

正直、3回目を切ったときは、「復帰してもサッカーが思いっきりできるんだろうか?」
と何度も思い、何度も怪我や自分を心の中で攻めました。

ですが、周りには支えてくれる家族や仲間が沢山いました。
このチームで、仲間とサッカーがしたい、家族や応援してくれている人にサッカーをしている姿を見せたい。
リハビリでしんどい時や自分自身がくじけそうになった時は、同じように怪我をして乗り越えた人や、頑張っているチームの姿をみると「ここで諦めたらダメだ。頑張らないと。」そんな風に思い頑張れました。
本当に周りの人たちに助けられていました。

その分、怪我をする前よりも考えがポジティブになったり、メンタル面も強くなった気がします(^^)

今はすっかり復帰しましたが、課題と向き合う毎日です。
でも、サッカーできる事が本当に嬉しくて充実しています!!
沢山迷惑をかけた家族を始め、支えて下さる方にサッカーで恩返しをしていきたいと思います!


多くのサッカー選手、スポーツ選手で前十字の怪我をしている人に出会いました。
ですが、3回も切っている人はなかなかいません。笑
しかも、20歳になる前に。笑

サッカー人生において忘れられない出来事になったと思います!!

堅い感じで長々となってしまってすみません(>_<)笑


さてさて、今シーズンで最後の試合となった皇后杯。
12/23 VS INAC神戸 1-1となり延長戦までもつれ込んだのですが、
負けてしまいました。
個人としても、チームとしても悔しい結果になりましたが、
無事復帰し、怪我なく今シーズンを終えたことにホッとしています。

今年1年を通して応援して下さった方、本当にありがとうございました!!




あと、今はほとんど治ってるんですが、
この前まで‘めばちこ‘になってました(*_*)

めばちこって仙台では伝わりませんでした!
ものもらいの事なんですけど、
関西ではめばちこっていいます!

もうひとつ!
お正月に食べるお雑煮は白みそを使います!!
白みそのお雑煮が大好きで、実家でお正月を迎える時の楽しみのひとつです(^_^)/


どうでもいいプチ情報でした!笑




年末年始は実家に帰り、リフレッシュしたいと思います!(^^)!
みなさんも、よいお年をお過ごしください☆

※お餅食べ過ぎ注意!!!笑









2016年12月6日火曜日

【亀山】 生い立ち+最近の出来事


こんにちは、亀山楓です!

12月に入り、今年も残り1ヶ月を切れました!



万屋さんのブログを読んで気づきました!
私も同じ11月生まれなんです!20歳ではありませんが、、、笑

これまでブログを交代で更新してきましたが、部署が違うこともあって、
なかなかお話ししする機会がありませんでした。

お疲れ様です、と言葉を交わす程度。

ですが、先日お話しする機会があって、
ずっと話してみたいと思っていたので、ほんとに良かったです!!!



私は今は、バドミントンをしていますが、
小学生の頃は兄の影響でサッカーをしていました。
その頃所属していたチームの後輩で、
万屋さんと同じベガルタレディースに行った方がいます。

もし私もそのまま真面目にサッカーを続けていたらベガルタレディースに
なんてこともあったかもしれませんね(笑)


色々なことに挑戦したく結局はサッカーをやめ、
小学校のクラブ活動でバドミントンの道を選びました。

でも始めは、サーブでとても苦戦…。

「左手でシャトルを持って打つ」ということが難しくて、どうしたらいいか考えました。
高校生まではバドミントンをする時も義手をつけてやっていたので、
義手の上に乗せるような形で、サーブはずっとやってきました。

その面で、サッカーは手を使わないので、
両親は考えて、私にサッカーをやらさせてくれていたのだと思います。



高校生の時、障がい者バドミントンに出会い、
初めて国際大会に出場するとなって、
義手を装着したままの出場は認められないと知りました。
大会の数ヶ月前の出来事で、
私はこれまで義手を外してバドミントンをしたことがなかったので、
急遽義手を外して猛特訓しました。
義手をつけている時と外した時の体のバランスが全然違く、
体はフラフラして安定してしない。

一番苦戦したのは、やはりサーブでした。
義手をつけている時とつけていない時だと、
腕の長さが変わってくるので、打つタイミングも変わってきます。
ダブルスでは基本的バックサーブでしたが、
バックサーブが私には困難になってしまったので、
これを機にフォアサーブに切り替えました。
フォアサーブは、ちょっと説明しづらいのですが、
右手でラケットを握ったまま右手でシャトルを持ち、投げて打つといった感じで、
今でも、サーブは課題点のひとつです。


長くなってしまいすみません…。






また1112.13日には、全国障がい者オープンバドミントン交流大会が、
元気フィールド仙台にて開催されました。

2回目ということもあって、
全国から沢山の選手に参加していただき大いに盛り上がりました。

















後ろが私です。

















手前が私です。



私は昨年同様、
男女別ダブルス・ミックスダブルス・シングルスの全種目に出場しました。

オープン交流大会ということなので、健常者の参加もOKな大会になっています。

私のブロックは、ほとんどが健常者でしたが障がい者健常者関係ありません。
どんな相手でも勝つという気持ちでした。


結果は、
男女別ダブルス     優勝
シングルス            優勝
ミックスダブルス 準優勝

昨年の結果は、
シングルス             優勝
ミックスダブルス  優勝
男女別ダブルス      準優勝



















今年も三冠することは出来ず、悔しい思いをしました。
男女別ダブルスでは優勝することは出来たけど、
ミックスダブルスではリーグ戦で苦戦したので、
決勝戦では集中力が切れ、思うようなプレーが出来ませんでした。

東北大会でも決勝戦で戦った相手でもあり、
その時は勝つことが出来ましたが、
今回はリベンジを果たされてしまいました。


でも一番力を入れていたシングルスで優勝することが出来たのは、
とても嬉しく思っています。
最後の試合は、1ゲーム目はとりましたが、
2ゲーム目はとられてしまい、3ゲーム目に突入。
流れが相手のペースにならないように、3ゲーム目は尚集中して行いました。

勝つことは出来たけど、まだまだ課題が見つかりました。
一度のミスからの連続失点。これをどう食い止めるか。
自分との戦いだと思いました。



私の所属している仙台ホデナズの皆さんです!

















また、2020年東京パラリンピックに向けてのアスリートということで、
宮城県の方から「みやぎアスリート2020」の強化支援指定選手に
指定されました。

121日に宮城県庁にて指定証の交付式が行われました。

私のチームからも他2名の方が指定され、
2020年に向けての気持ちがより一層高鳴ります。








1217.18日には日本選手権大会があるので、
皆さんに良い結果を報告できるように気を引き締めて
残りの期間しっかりとトレーニングをし、調整していきたいと思います。

千葉大学にて行いますので、何かのついでに是非いらしてください!

悔いのない試合をしてきます!!
応援宜しくお願いします!